ナビゲーションへスキップ

本文へスキップ

商品情報

ミセスロイド スタイルメイト

ミセスロイド スタイルメイト 丸めて収納 ふとん袋

掛けぶとんを丸めて入れて、スッキリ収納できるふとん収納袋。
円筒形状で立てても寝かせても、どちらでも収納できます。
シングル~薄手のダブルの掛けぶとんが1枚入ります。
付属の「ミセスロイド引き出し用」を取り替えることで、くり返し使えます。

希望小売価格 オープン
内容量 収納袋1枚、防虫剤6個
サイズ(mm)
パッケージ(縦×高さ×奥行)
180×365×60
本体(縦×高さ×奥行)
-
JANコード 4902407124050
ミセスロイド スタイルメイト 丸めて収納 ふとん袋
  • 商品の特徴
  • 商品の使い方

商品の特徴

●ふとん収納袋と防虫剤のセットです。

≪ふとん収納袋≫
●掛けぶとんを丸めて入れるだけで、スッキリ収納できます。
●円筒形状で、立てても寝かせてもどちらでも収納できます。
●シングル~薄手のダブルの掛けぶとん1枚、毛布なら1~2枚が入ります。
●お部屋に馴染むナチュラルブラウン。
●大きく開くファスナー付き。
●収納時に便利な取っ手付き。
●通気性に優れた不織布タイプです。
●付属の防虫剤『ミセスロイド引き出し用』を取り替えて、くり返し使えます。

≪防虫剤≫
●ニオイがつかない、無香タイプの防虫剤が、大切なふとんをせんいの虫から守ります。
●消臭成分配合。収納袋内の気になるニオイ※を消臭します。
(※気になるニオイ=カビ臭・汗臭・体臭)
●防カビ剤配合。
●黄ばみ防止成分配合。保管時の黄ばみ※を防ぎます。
(※窒素酸化物(NOx)による黄ばみ)
・汚れが原因の黄ばみには効果がありません。
・黄ばみを消す効果はありません。
・素材、生地によって効果は異なります。
●せんいの防虫に加え、気になるダニを収納袋内に寄せつけにくくします。(ピレスロイドの効果)
※収納袋内に屋内塵性ダニを寄せつけにくくする効果を確認しています。マダニやイエダニを対象とした製品ではありません。
●取り替え時期がひと目で分かる「おとりかえサイン」付きです。
●付属の防虫剤に〈おとりかえください〉の白い文字が出たら、『ミセスロイド引き出し用』(別売)6個(3包)とお取り替えください。

成分

●プロフルトリン(ピレスロイド系)
●フェノール系防カビ剤(防カビ成分)
●植物由来消臭剤
●鉱物系吸着剤(黄ばみ防止成分)

商品の使い方

❶収納袋のファスナーを開けて広げてください。
❷付属の防虫剤を袋から取り出し、収納袋の内側のポケットに1個ずつ入れてください。
❸ふとんを収納袋の幅に合わせて、2〜3つ折りにしてください。
❹ふとんを丸めて、収納袋に入れ、ファスナーをしっかりと閉めてください。
※ファスナーがしっかりと閉まっていない状態では、防虫効果が弱まる場合があります。

【適用害虫】
せんいの防虫効果:イガ、コイガ、ヒメカツオブシムシ、ヒメマルカツオブシムシ
収納袋内のダニよけ効果:屋内塵性ダニ

【使用上の注意】
●パッケージに記載されている使用量を守ってご使用ください。
●ふとんの入れ替えをする時は、部屋の換気を行ってください。(必ず換気マーク)
●幼児の手のとどく所に置かないでください。
●付属の防虫剤は必ず収納袋の中でご使用ください。
●本品は直射日光の当たらない所でご使用ください。
●本品は食べられません。万一食べた時には医師にご相談ください。
●ふとん収納袋の中に入らないでください。
●ふとんの厚みによっては収納袋に入らない場合があります。無理に入れないでください。
●誤食等の対応のため、使用中はこの袋を保管してください。
●用途以外には使用しないでください。
●使用後は地方自治体の区分に従って捨ててください。

【有効期間】
≪ふとん収納袋≫
●収納袋が汚れたり、破れた場合は、新しい『ミセスロイド スタイルメイト 丸めて収納 ふとん袋』にお取り替えください。
≪防虫剤≫
使用開始後 約1年間(防虫効果)
●温度、収納場所、使用状態などで有効期間は一定しません。
●防虫剤の「おとりかえサイン」のでかたは季節や収納状態によって異なる場合があります。
1個でも〈おとりかえください〉の白い文字が出たら6個すべてお取り替えください。

【保存方法】
●温度が低く直射日光の当たらない所に保存してください。
●付属の防虫剤は、密封したまま保存してください。

【標準使用量】
●収納袋1枚につき、付属の防虫剤またはミセスロイド引き出し用6個(3包)

【内容量】
●ふとん収納袋1枚(直径40㎝×長さ75㎝)
●防虫剤6個(2個×3包)

【ふとん収納のアドバイス】
≪収納前に≫
●人は一晩にコップ一杯もの汗をかくと言われています。
ふとんに湿気がこもったまま収納するとカビの発生やダニの増殖の原因になることも。
●ふとんはしっかり乾燥させましょう。天日に干す場合は、日焼けによる色あせや汚れの付着防止のため、カバーをかけたまま干しましょう。
羽毛ぶとんの場合は陰干しをしてください。
●ふとんを乾燥させた後、熱気が残ったまま収納すると結露が発生することがあるので冷ましてから収納しましょう。
また、掃除機をかけてホコリやダニのフン・死がいを吸い取ることで清潔にできます。
●ふとん収納袋に入れる際は、カバーをかけたままだと、ふとんに湿気がこもりやすくなるので外して入れましょう。

≪収納中に≫
ときどき天日に干すなどして乾燥させましょう。防虫剤と一緒にふとん用の除湿剤など、湿気対策も行うとより効果的です。