ナビゲーションへスキップ

本文へスキップ

商品情報

いい湯旅立ち にごり炭酸湯

いい湯旅立ち にごり炭酸湯

アソート ほんわか日和 48錠入

【企画品】

ご自宅のお風呂で毎日ほんわかにごり湯の温泉気分を楽しめるアソートパック。12種類の風情漂う香りが日替わりで楽しめます。炭酸ガスが温浴効果を高め血行を促進し一日の疲れをやわらげます。『医薬部外品』

希望小売価格 オープン
内容量 45g×48錠(12種類×4錠)
サイズ(mm)
パッケージ(幅×高さ×奥行)
310×55×180
本体(幅×高さ×奥行)
-
JANコード 4901559221686
<p>いい湯旅立ち にごり炭酸湯</p><p>アソート ほんわか日和 48錠入</p><p>【企画品】</p>
  • 商品の特長
  • 商品の使い方

商品の特長

●12種類の風情漂う香りと湯色で、にごり湯の温泉気分を楽しめます。
●炭酸ガスが温浴効果を高め血行を促進し、冷え症や肩こり・腰痛に効果があり、一日の疲れをやわらげます。
●温泉成分(硫酸ナトリウム)の働きで、湯上がり後もポカポカ感が続きます。
●保湿成分(ヒアルロン酸)配合で、しっとりした湯上がり感です。

≪風情漂う香り 12種類≫
・栃木/那須 : こころスッキリ菖蒲の香り〈乳緑色の湯〉
・長野/別所 : ほっと落ち着く杏の香り〈乳橙色の湯〉
・静岡/伊東 : 香ばしく上品なほうじ茶の香り〈乳琥珀色の湯〉
・和歌山/白浜 : ふわりと甘いつつじの香り〈乳桃色の湯〉
・宮城/作並 : 柔らかく漂う甘酒の香り〈乳白色の湯〉
・新潟/越後湯沢:風雅に広がる椿の香り〈乳紅色の湯〉
・静岡/修善寺 : のんびりくつろぐ玉露の香り〈乳緑色の湯〉
・岐阜/下呂 : ほっと落ち着く生姜はちみつの香り〈乳黄色の湯〉
・宮城/秋保 : 柔らかく優美な白檀の香り〈乳白色の湯〉
・新潟/月岡 : ほっと落ち着くよもぎの香り〈乳緑色の湯〉
・静岡/熱海 : 華やかな気分に秋桜の香り〈乳桃色の湯〉
・兵庫/有馬 : 甘く漂う花梨の香り〈乳橙色の湯〉


※本品は、温泉の湯を再現したものではありません。


【効能】
●疲労回復   ●冷え症    ●肩のこり   ●あせも
●しっしん   ●荒れ性    ●にきび    ●腰痛
●神経痛    ●痔      ●リウマチ   ●しもやけ
●ひび     ●あかぎれ


【販売名】
・那須:バスアワーVHW2(菖蒲の香り)
・別所:バスアワーVHW2(杏の香り)
・伊東:バスアワーVHW2(ほうじ茶の香り)
・白浜:バスアワーVHW2(つつじの香り)
・作並:バスアワーVHW2(甘酒の香り)
・越後湯沢:バスアワーVHW2(椿の香り)
・修善寺:バスアワーVHW2(玉露の香り)
・下呂:バスアワーVHW2(生姜はちみつの香り)
・秋保:バスアワーVHW2(白檀の香り)
・月岡:バスアワーVHW2(よもぎの香り)
・熱海:バスアワーVHW2(秋桜の香り)
・有馬:バスアワーVHW2(花梨の香り)

成分

●炭酸水素Na*
●炭酸Na*
●硫酸Na*
●コハク酸
●デキストリン
●PEG6000
●流動パラフィン
●酸化Ti
●ポリアクリル酸Na
●PEG20000
●ヒアルロン酸Na-2
●ケイ酸Ca
●香料
●(+/−)赤102、赤106、青1、青2、黄4、黄5、黄202(1)

*は[有効成分]、無表示は[その他の成分]

商品の使い方

【使用方法】
●家庭用浴槽にお湯(約200L)を張り、本品1錠(45g)を入れ、錠剤を溶かしきってから入浴してください。
●泡が消えた後も炭酸ガスがお湯に溶け込んでいるので、効果は長続きします。
●溶かしてから2時間以内の入浴がより効果的です。


【使用上の注意】
●本品と他の入浴剤は併用しないでください。
●小児の手の届かない所に保管してください。
●入浴以外の用途には使用しないでください。
●高温多湿の場所に保管しないでください。
●アルミパック開封後はすぐにお使いください。

≪身体について≫
●入浴の際、まれに咳き込む場合があります。その際は換気をしてください。
●皮フあるいは体質に異常がある場合は医師に相談してご使用ください。
●使用中や使用後、皮フに発疹、発赤、かゆみ、刺激感等の異常が現れた場合、使用を中止し、医師にご相談ください。
●本品は食べられません。万一飲み込んだ場合は、水を飲ませる等の処置を行ってください。

≪浴槽について≫
●浴槽・風呂釜をいためるイオウは入っておりません。
●天然大理石浴槽では表面の光沢が失われることがあります。
●浴槽の汚れは早めに浴室用洗剤で落としてください。時間がたつと落ちにくなり、入浴剤の色素が付着して色がつくこともあります。
●入浴剤を溶かしたお湯を追いだきすると、ごくまれに配管や風呂釜の汚れが出てくることがあります。

≪残り湯について≫
●残り湯は洗濯に使えますが、すすぎは清水をお使いください。
着色するおそれがあるので、次の場合は使わないでください。(柔軟仕上げ剤との併用、つけおき、おろしたての衣類)
●植物への水やりに使わないでください。


【にごり湯成分についての注意】
●全自動給湯器、24時間風呂の場合、機種によってはご使用になれない場合があります。
お使いの機種の説明書を確認の上ご使用ください。
●木製の風呂の場合、白濁成分がとれにくい場合がありますのでご使用をお避けください。
●使用後は風呂釜内部や循環孔のフィルター等をよく洗い流してください。
(風呂釜内部の湯あか等に白濁成分が一部付き、循環孔から浴槽内へ出ることがあります。)
●浴槽のまわりや底に残った白濁成分は、よく洗い流してください。