ナビゲーションへスキップ

本文へスキップ

商品情報

HERSバスラボ

HERSバスラボ アソート

ハッピーフレグランス 48錠

【企画品】

毎日のお風呂が楽しくなる48錠のアソートパック。彩り豊かな12種類の香りが日替わりで楽しめます。スキンケアタイプの炭酸ガスの薬用入浴剤。泡が湯面に漂い、肌を包んですべすべな肌ざわりに。ヒアルロン酸(保湿成分)配合。『医薬部外品』

希望小売価格 オープン
内容量 45g×48錠 (12種類×4錠)
サイズ(mm)
パッケージ(縦×高さ×奥行)
255×55×180
本体(縦×高さ×奥行)
-
JANコード 4901559226490
<p>HERSバスラボ アソート<p></p>ハッピーフレグランス 48錠</p><p>【企画品】</p>
  • 商品の特徴
  • 商品の使い方

商品の特徴

●その日の気分に合わせて選べる、12種類の香りの詰め合わせ。
●炭酸ガスが温浴効果を高め血行を促進し、冷え症や肩こり・腰痛に効果があり、一日の疲れをやわらげます。
●温泉成分(硫酸ナトリウム)の働きで、湯上がり後もポカポカ感が続きます。
●なめらかな泡が湯面にただよい、お湯にとけてすべすべな肌ざわりに。
●ヒアルロン酸(保湿成分)でお肌しっとり。


≪彩り豊かな香り 12種類!≫
・椿の香り:薄紅色のお湯
・菖蒲の香り:若草色のお湯
・水仙の香り:藤黄色のお湯
・松の香り:深緑色のお湯
・ホワイトピーチの香り:フレッシュピンクのお湯
・マンダリンオレンジの香り:ライトオレンジのお湯
・ロマンティックピオニーの香り:ピュアパープルのお湯
・キューティフリージアの香り:クリアイエローのお湯
・完熟ゆずの香り:クリアオレンジのお湯
・早摘みゆずの香り:ピュアイエローのお湯
・透き通る森の香り:ライトグリーンのお湯
・緑豊かな森の香り:リラックスグリーンのお湯


【効能】
●疲労回復   ●冷え症   ●肩のこり   ●あせも
●しっしん   ●荒れ性   ●にきび    ●腰痛
●神経痛    ●痔     ●リウマチ   ●しもやけ
●ひび     ●あかぎれ


【販売名】
・バスアワーPH2(椿の香り)
・バスアワーPH2(菖蒲の香り)
・バスアワーPH2(水仙の香り)
・バスアワーPH2(松の香り)
・バスアワーPH2(ピーチの香り)
・バスアワーPH2(オレンジの香り)
・バスアワーPH2(ピオニーの香り)
・バスアワーPH2(フリージアの香り)
・バスアワーPH2(完熟ゆずの香り)
・バスアワーPH2(早摘みゆずの香り)
・バスアワーPH2(透き通る森の香り)
・バスアワーPH2(緑豊かな森の香り)

成分

●炭酸水素Na※
●炭酸Na※
●硫酸Na※
●コハク酸
●デキストリン
●PEG6000
●ヒアルロン酸Na-2
●POE(300)POP(55)
●ケイ酸Ca
●香料
●(+/-)赤102、赤106、青1、青2、黄4、黄5、黄202(1)

※は「有効成分」、無表示は 「その他の成分」

商品の使い方

●家庭用浴槽にお湯(約200L)を張り、本品1錠(45g)を入れ、錠剤を溶かしきってから入浴してくだい。
●泡が消えた後も炭酸ガスがお湯に溶け込んでいるので、効果は長続きします。
●溶かしてから2時間以内の入浴がより効果的です。


【使用上の注意】
●本品と他の入浴剤は併用しないでください。
●小児の手の届かない所に保管してください。
●入浴以外の用途には使用しないでください。
●高温多湿の場所に保管しないでください。
●アルミパック開封後はすぐにお使いください。

≪身体について≫
●入浴の際、まれに咳き込む場合があります。その際は換気をしてください。
●皮フあるいは体質に異常がある場合は医師に相談してご使用ください。
●使用中や使用後、皮フに発疹、発赤、かゆみ、刺激感等の異常が現れた場合、使用を中止し、医師にご相談ください。
●使用中にじんましん、息苦しさなどの異常が現れた場合には直ちに使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
特に、アレルギー体質の人や、薬などで発疹などの過敏症状を経験したことがある人は、十分注意して使用してください。
●本品は食べられません。万一飲み込んだ場合は、水を飲ませる等の処置を行ってください。

≪浴槽について≫
●浴槽・風呂釜をいためるイオウは入っておりません。
●天然大理石浴槽では表面の光沢が失われることがあります。
●浴槽の汚れは早めに浴室用洗剤で落としてください。時間がたつと落ちにくくなり、入浴剤の色素が付着して色がつくこともあります。
●入浴剤を溶かしたお湯を追いだきすると、ごくまれに配管や風呂釜の汚れが出てくることがあります。

≪残り湯について≫
●残り湯は洗濯に使えますが、すすぎは清水をお使いください。
着色するおそれがあるので、以下の場合は使わないでください。(柔軟仕上げ剤との併用、つけおき、おろしたての衣類)
●植物への水やりに使わないでください。