ナビゲーションへスキップ

本文へスキップ

会社情報

環境マネジメント基本方針

環境マネジメント基本方針

環境宣言

私たち白元アースの経営理念である、「熱意 創意 誠意をもって世界の人々の暮らしに役立つ製品を開発・提供し、我が社にかかわる全ての人々の幸せと社会の発展に貢献します。」の精神の下、あらゆる事業活動に対し、自ら積極的に環境負荷の低減、地球環境保全に取り組みます。

環境基本方針

当社は2015年に環境基本方針を定め、環境に配慮した事業活動を行っています。

  1. 環境保全に関する法規制・取り決め事項・自主基準を遵守します。
  2. 環境に配慮した製品開発、生産活動、販売活動を行います。
  3. 省資源・省エネルギーを推進します。
  4. 廃棄物の削減とリサイクルを推進します。
  5. すべての従業員が環境保全に高い意識を持ち、自ら社会に貢献できるよう教育・啓蒙を行います。
  6. 地域社会の環境保全に責任ある対応を行います。
  7. 環境保全に関する情報開示を積極的に行います。

環境マネジメントシステム

当社では、2015年10月に環境保全に関する全社的な組織を構築し、環境保全の取り組みを開始しました。その取り組みを強化、継続するため2016年4月に上野本社・足立ビル・埼玉工場での環境省策定の環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証登録を受け、2018年4月には和歌山工場・研究所・IKビルへ認証拡大を行いました。また、2019年度より営業拠点でも取り組みを開始し、現在、2020年度の認証登録へ向け準備中です。

環境教育

「環境基本方針」に沿って社員一人一人が高い意識を持って活動できるよう、全社員を対象に環境教育を行っています。また、各職場での取り組みをより一層推進するため、各部署の責任者、担当者を対象とした啓発も実施しています。今後も担当や役割に応じた教育を実施して参ります。

内部監査

認証事業所を対象に環境内部監査を年に一度実施しています。監査ではチェックリストに基づき、取り組み状況を評価し、改善につなげています。

法令順守

事業活動を行う上で対象となる環境関連法規制は数多くあり、定期的に法令順守評価を行っています。法令順守は最低限の義務であり、常にそれ以上の状態を維持できるよう、社員教育やリスクの把握および対策を行っています。

アースグループ内での連携

2017年度よりグループ間の連携強化と活動推進のために立ち上げた、「アースグループ環境会議」に参加し、省エネルギーや廃棄物削減などについて話し合いながら、具体的な活動につなげていきます。

エコアクション21認証番号0011212